EMG

プヲタピーターパン症候群・・・略してプヲターパンがお届けする熱さの押し売りブログ 〜欲しがりますよ勝つまでは〜
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
あしあと
MOBILE
qrcode
<< 鳴り止まない三沢コール・・・ | main | 新たなる船出 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
スパルタンX

22日の後楽園で聞いた鳴り止まない三沢コールと・・・スパルタンX

自分は、あのニューバージョンが余り好きになれなかった。

三沢コールがしずらいからとか、まだ聞き慣れるほど聞いていなかったからとか、色々と理由づけをしようとしても結論から言えば、自分にとってのスパルタンXは、あの激闘の記憶が染み付いた・・・三沢さんと共に歩んできたあの原曲バージョンなんですよね。

そんなことを想いながら、昔映画のスパルタンXを見た時、あの聞き慣れた曲に英語の歌詞がのっていて、ちょっと驚いた記憶がふと蘇ってきて、ネットで検索したところ・・・こんな動画を見つけました。



ニコニコ動画



この英語の歌詞に驚いたときは既に三沢ファンだった高校時代。その内容が三沢さんの勇姿にだぶるということはかすかな英語力からでも判断できた。


ニコ動を見れない方の為に、下記にこの動画をUPされた方の和訳した歌詞を掲載させていただきます。



いつの日も、どんな夜も彼は走り続ける

彼が進むのは人々がそう願っているから

彼は闘い続ける ずっと闘い続ける

それは彼がみんなを愛しているから

そしてみんなが望んでいるから

彼だって休みたいときがあるだろう

しかし思い出にしないため 立ち止まらない

朝も夜も、夜も朝も、一日中

彼の闘いは雷のようだ

彼の動きは驚くことばかりだ

彼は謎ばかりだ わからないことばかりだ

彼はレンジャーのように働く

チャージャー(加湿器)でもついているんじゃないか

彼はいつも謎ばかりだ。わからないことばかりだ


(2番)

人は云う 彼は心を魅了し 鋼の肉体を持つと

みんな彼の魂の闘いに触れたいんだ

彼の闘いは明朝から真夜中まで続く

それは彼がみんなを愛しているから

そしてみんなが彼に望むから

でも彼は思い出にしないため 進む

休みたいと想うときもあるだろう

それでも彼は進むんだ

朝も夜も、夜も朝も、ずっと

彼の闘いは稲妻のようだ

彼の動きは驚きで満ちている

彼はいつも謎ばかりだ。誰にも分からない

彼はレンジャーのように働く チャージャーでもついているのか

彼はいつも謎ばかりだ。どうしてなんだ


〜間奏〜

彼の闘いは稲妻のようだ

彼の動きは驚きで満ちている

彼はいつも謎ばかりだ。どうしてなんだ

彼はレンジャーのようだ チャージャーでもついているのか

彼は謎ばかりだ。すげーよ

本当に・・・




この、三沢さんの為に作られたんじゃないかってくらいのリンクっぷり・・・。

「レンジャーのようだ」って部分も、“ちょっともっこり”で御馴染みのディファ有明戦隊ノアレンジャーのことでしょ?(笑)


自分にとって、いや三沢ファンにとって特別な思い入れのあるこのスパルタンX・・・願わくば、7・4の献花式には、この原曲バージョンを流して欲しい。

地上派が終了したときに、日テレに権利があるからとかで、使用出来なくなったと聞きましたが、G+としての契約はまだ残っているんだし、なんとかならないのかなぁ・・・日テレさんお願いします。

でも、実際にこの原曲バージョンなんか会場で流された日にゃ、感情のコントロールが効かなくなりそうだ。

そんな名曲スパルタンXは、三沢さんと共に伝説となって、自分達プロレスファンの記憶の中で永遠に生き続けます!!

| 三沢さん | 19:10 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:10 | - | - | pookmark |
コメント
7月4日、原曲のスパルタンXで三沢さんを送ってほしいものですね。この曲こそ、熱闘と共に歩んできたのですから…。
| ばーにんぐK | 2009/06/29 11:38 PM |
>>ばーにんぐKさん
レス遅れてすいません!
前奏はやっぱりあのピアノの音色じゃないと…この歌詞を見てより一層あの原曲バージョンへの思いが深まりました。ただ当日例えこのバージョンが流れなくても、あの数々の激闘と共に歩んできたこの曲が自分の脳内でエンドレスリピートされると思います。
| チャボ | 2009/07/03 6:33 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chabovic.jugem.jp/trackback/87
トラックバック