EMG

プヲタピーターパン症候群・・・略してプヲターパンがお届けする熱さの押し売りブログ 〜欲しがりますよ勝つまでは〜
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
あしあと
MOBILE
qrcode
<< 緑の軌跡 | main | 7・4(土)三沢光晴お別れ会〜正式決定〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
永遠のヒーロー

三沢さん200人に送られ笑顔で旅立つ(ニッカン)

 三沢さんが、満面の笑みで旅立った。13日の試合で急死したノアの社長でプロレスラーの三沢光晴さん(享年46)の告別式が19日、東京・中野区の宝仙寺で営まれた。密葬にもかかわらず、当初予定していた2倍の約200人が参列。最後はノアの百田光雄副社長、歴代タッグパートナー、歴代付け人らに担がれて出棺された。遺影はレスラーの顔ではなく、レーシングスーツ姿の満面の笑み。三沢さんが悲しみに沈む人たちを、元気づけているようだった。法名は釋慈晴(しゃくじはる)。お別れの会は7月4日に東京・ディファ有明で行われることが正式に決まった。

遺影の中の三沢さんは、最高の笑顔だった。午後0時11分、三沢さんを乗せた霊きゅう車から、惜別のクラクションが鳴り響いた。田上が、秋山が、別の車に乗り込んでいた小橋が、うつむき唇を震わせた。佐々木は手すりにつかまって肩を落とした。しかし、長男康真(しずま)さんが手にしていた遺影は、満面の笑みだった。参列者たちを逆に励まし、勇気づけるような、まぶしい笑顔だった。

遺影は家族の意向で選定されたという。リングの上の栄光の瞬間でも、社長としての普段のスーツ姿でもない。レーシングスーツを着て、笑っている写真だった。ノア旗揚げ間もない00年に1度だけ参戦した「筑波ナイター耐久レース」を前にした1カット。底抜けに明るい表情だった。選定の理由は明らかにされなかったが、ノアの社長兼トップ選手として、責任を背負い続けてきた。だから最後くらいは解放させてあげたい、という家族の配慮もあったのかもしれない。

この日午後3時半、夫人が位牌(いはい)、長女が遺影、長男が遺骨を持って無言の帰宅。最後に自宅に立ち寄った、6月8日の東京・八王子大会後以来11日ぶり。戦いの毎日だった三沢さんが、ようやく安らかに眠った。


090620_2105~01.jpg

このご家族が選んだ遺影の写真からは、確かに"最後くらいは開放させてあげたい”という心情が伝わってくるような気がします。

社長兼レスラーという肩書き以前に、ご家族にとっては、たった一人の父親だったんですもんね。

祭壇には三沢さんが生前好んで収集していた、ウルトラマンや仮面ライダーのフィギュアが20〜30体飾られ、棺(ひつぎ)にも納められたという。

リングの上ではプロレスファンから“ヒーロー”として愛されていた三沢さんも、リングを降りれば自らが“(特撮)ヒーロー”を愛していた。

そんな特撮ヒーロー好きという趣味も、自分らファンからすれば数ある三沢さんの顔の中のある一面でしかないんだけど、きっとご家族にとっては、童心に返って趣味に没頭する三沢さんの顔こそがリングの上や社長としての顔よりも一番身近に感じられるものだったんだろうな。上の一文を見て改めてそう思いました。

そして今日、特撮ヒーロー好きの友人からメールで、

「いつも見ている特撮サイトに三沢の追悼コメントがいっぱい載ってた」

と知らされて、三沢さんは自分が大好きだった特撮ヒーローのファンからも愛されてたんだなぁ・・・きっとそれは三沢さんも喜んでるだろうなぁって、そう思うとジーンと来ました。


自分達プロレスファンにとって、三沢光晴という存在はTVの中のどんなヒーローよりも夢と希望と感動を与えてくれた。

一番身近で等身大の真のヒーローだったと思います!


そしてこれからも・・・三沢さんは、オレ達の永遠のヒーローです!

今まで本当にお疲れ様でした。

| 三沢さん | 20:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:56 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chabovic.jugem.jp/trackback/80
トラックバック