EMG

プヲタピーターパン症候群・・・略してプヲターパンがお届けする熱さの押し売りブログ 〜欲しがりますよ勝つまでは〜
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
あしあと
MOBILE
qrcode
<< 『関数ドミノ』 | main | イキウメ観劇番外編-2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
イキウメ観劇番外編-1
待ち合わせ場所の赤坂見附駅の改札には自分が一番乗り。

隣の溜池山王にはド○モ時代に何度か行ったことがあるが、お隣のこの駅は初めてなので赤坂レッドシアターまではどの出口からが近いのかを駅員さんに聞いて周辺地図を見て場所と行き方を把握し、後は皆を待つばかり。

と、ここで!雑踏の中でとあるモデルさんの姿を見つける!

これまで街中で芸能人を見掛けたことは数あれど、東京駅のホームで永ちゃんを、ポートランドのフランス料理屋で中井貴一を、眼鏡屋に入っていく八嶋智人をといった感じで、大体が男性有名人な上に自分が大好きな人ってわけでもないので、ちょいテンションが上がるくらいのもんだったんですが、

今回のケースは、とにかく自分が大っ好きな方だったので生で見れたことに超絶感動&失禁寸前!

主に雑誌のモデルやアーティストのPVとかCMに出演されていらっしゃるこの方はブログもやられているので、そこで自分はあれって本当にご本人だったのか?っていう確証が欲しかったもんで、コメントで思わず質問しちゃったんです。

そしたら、「それ私です。」と気さくに答えてくれましてねぇ(*´∇`*)

いやぁもう嬉しかったなぁ!なんならオレ今ドミノなんじゃねぇか?って思っちゃうくらい(笑)


そんなのっけからクライマックス状態で体が温まったところに、リャンちゃんとママさんが待ち合わせ時間前に到着するも、残る一人が待ち合わせ時間を過ぎても姿を現しやがらない。

しもっち先輩だ!

これが仕事で遅いならまだしも1時間前「早めに終わったからアキバで時間潰してから行く」ってメールが来てたもんで、全く随分呑気に構えてんなぁと3人で話してるところに、さほど慌てる様子もなくおっとり刀で登場。

先輩が田上ファンだったってことを再認識させられる瞬間でした(笑)


全員揃ったので、駅から2分ほどの場所にある赤坂レッドシアターへ。道すがら先輩が「ここら辺来たことあるなぁ」と言い出したので、「飲みにですか?」と聞くと

「自転車で!」と先輩。


「えっ何処からですか?」と返すと、


「家から」だって…中学生の夏休みかっ!!!


しかもつい最近って(笑)


まぁママさんもリャンちゃんも既にそんな先輩の自由人気質丸出しの生態を理解しているので、普通に笑って受け流していました。


そんなこんなで、赤坂レッドシアターのあるビルに到着。地下1Fに劇場があっるらしく1Fにはなんとも欧州の香り漂うバーっていうかバルがあって、異国情緒がプンプン!

そんな風景に見とれていると、劇場の受付にジョニーさんの姿を発見。

しかしこの流れでジョニーさんって書くと、外人さん登場みたいな感じになるね(笑)

裏方として、イイ声を響かせ受付業務に励むナイスガイ、ジョニーさんにさっそく挨拶をして例のブツを渡す。

今、ノアの地上波が終了したことにより、自分の周りにはリアルタイムでノアの激闘を視聴出来ない人がわんさといます。そんな皆にG+やらサムライを見れる自分が、それをお届けするのはこれノアヲタとしての義務だと思っております!(誰もDVDに焼いた的なことは言ってませんからね!)

姉夫婦にも、親友にも、ジョニーさんにも、そして先輩にも…

ってあれ?先輩に渡し忘れたの今思い出した!まぁいいや(笑)


そしてジョニーさんとノアヲタトークを展開していると、程なくして「開演間際になると混雑する」というジョニーさんからの忠告があったので、受付でチケットを引き替えようとするも、さっきまでその辺にいた先輩の姿がない。

全くちょっと目を離すとすぐコレだよ!と思って辺りをキョロキョロしていると、「ATMに行ったみたい」とリャンちゃん。

「もう、アキバでぶらぶらしてたんだからそん時に降ろせばいいのに」と自分が呟くと、

「う〜ん、なんだかまだ半分寝てるみたいだもんねぇ」とリャンちゃんが言うので、「そうかぁ?いつも半分寝たような顔してるからなぁ。しかも休みの日じゃなくて仕事帰りだよ?」と言うと、

「うん、でも眠そう!」

と念を押すリャンちゃん。それはまるで、気をつけろ!という警告のようでもあった(笑)


ってことで先輩が戻ってくるまで待つことに。何故なら今回のチケット代は自分と先輩の二人での割り勘。リャンちゃんの分は就職祝い、ママさんは前回の舞台のチケ代を持ってもらったから今回2人からは頂かないのだ。

しかし、なかなか戻ってこないので待ちきれずに、自分が立て替えておこうと受付に向かうと、やっぱりおっとり刀な田上ismを無駄に発揮して先輩ご帰還!

しかもママさんとリャンちゃんが「申し訳ない!払う!払う!」と騒いでいる横で、「万札しかないから出しといて」って、じゃあ今ATM行く必要無かっただろ?っていう(笑)

しかも、いいんじゃない?(2人から)貰っておけば的なスタンスを取り出す始末(笑)


この混乱状態をなんとかいなして、いよいよレッドシアター内部へ潜入!

新しい建物のスメルが漂う何ともコジャレた内装で、座席につくと何とも落ち着くいい雰囲気!

しかも新幹線の席のように前の席の背もたれに簡易テーブルが備えつけられていて、アンケートなどを書く時にとても楽ちん!

左端から先輩、自分、リャンちゃん、ママさんと言う順で着席。ママさんもリャンちゃんも「凄くいい雰囲気」と口を揃える。通路側の席に陣取った先輩も「うんいいなぁ!」と満足気。

何がいいのかと思いきや、「これならよく寝られそうだ!」


って、オイ!!


自分が光の速さで突っ込むと、先輩は「冗談冗談!」と笑っているが、隣で「アレはきっと寝るね!」と先輩に取りついた睡魔の存在をいち早く見抜いていたリャンちゃんが目を光らせている!

「前の時も(ママさんの知り合いの舞台)寝てたよねぇ。誰とは言わないけど!」とリャンちゃんがチクリとやるが、先輩完全無視(笑)


そして、その奥で「ドミノってどういう意味?」と言い出すママさん。

隣のリャンちゃんが教えて上げるだろと思って様子を見ていると、リャンちゃんも難しい顔をしている!

自分が説明すると、リャンちゃんはど忘れしていただけだったらしく、「あぁハイハイ!」と納得し、再度ママさんに説明しようとするも、再び考え込む!

「中国語でどういうんだっけ?!」

そういうことか。リャンちゃんはバックから電子手帳を取り出しせっせと調べて、ようやくママさんに説明するも、当のママさんの顔からはまだクエスチョンマークは消えていない(笑)

更に、パンフレットに書かれているストーリーを読んで難しい顔をし出すママさん(笑)

いつもはそんな姉さん(リャンちゃんはママさんをこう呼ぶ)をサポートする才女リャンちゃんもどことなく不安気だ!


こんな調子で2人は、劇の内容を把握出来るのか?(笑)


そして、先輩は睡魔に打ち勝てるのか?(笑)


さらに、強力なボケキャラの先輩と天然系ボケキャラのママさんを両脇に、自分とリャンちゃんは2人のボケを拾い切れるのか?


それどころか、何ならリャンちゃんもボケキャラに化ける要素を持っているわけで、まさかの1vs3の局面を迎えてしまうのか??



以下、パート2につづく…
| 観劇 | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 21:46 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chabovic.jugem.jp/trackback/53
トラックバック