EMG

プヲタピーターパン症候群・・・略してプヲターパンがお届けする熱さの押し売りブログ 〜欲しがりますよ勝つまでは〜
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
あしあと
MOBILE
qrcode
<< はべらすぜぇ! | main | 1.24 NOAH後楽園大会観戦記-2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
1.24 NOAH後楽園大会観戦記-1
行ってきました。1・24後楽園ホール大会

この日は初観戦となる女子大生やら、去年6月以来となる我が愛しの甥っ子くんも招待したんですが、今大会は好カード目白押しな上に日曜開催ということもあってチケットが売れに売れていたらしく、6枚の連番を取るのは難しく、残念ながら姉夫婦とは席が離れ離れに…。

前回観戦時の6月頃に比べたら会話の受け答えなども含め、そんじょそこらの2才半とは思えない急激な成長をみせている甥っ子くん←叔父馬鹿

そんな感受性が強くなった甥っ子くんの目に今のプロレスはどう映るのか?どんなリアクションを示してくれるのか?

それを直に見てみたかっただけに、ガチで惜しまれます…。


しかしながらそんな気落ちしたテンションをアゲアゲにしてくれるのが、両脇にはべらせた女子大生コンビなのですw

2人とも、タッグマッチという形式があることすら知らないズブの素人で、3カウントフォールもしくはギブアップっていう勝敗を決する術も知らないっていう(笑)

実際問題、今時の若い子のプロレスに対する知識ってのはこの程度なのでしょう。それだけ世間一般的な露出が激減して久しいんだという生々しい現状が浮き彫りになった瞬間でした・・・まさにこれが現実だ!!って奴です。

そんなお2人さんに解説をするべく両脇にはべら…もとい座ってもらった訳だが、先輩は我関せずで一人で観戦に来たかのように試合に集中してらっしゃる(笑)

この相変わらずの“強引にマイウェイ”っぷり(笑)

そもそもこの日待ち合わせを11時でお願いしますってメールしてるのに、じゃあオレは40分頃に行くわって…

じゃあって何だよ!じゃあって(笑)

どんだけ協調性ゼロなんだよ全く!あぁ…羨ましい…それでまともな社会人生活が送れているのかが自分は不安でしょうがないですよ!

まぁそうはいいながらも、いつもの野郎同士の集まりじゃないんだから、当日になれば…

って、本当に来ないんでやんの!!

観戦前にスタバで一息入れてたら、30分過ぎに今駅に着いたからホールに向かってるってホント先が思いやられるよ!

そして、自分らもスタバからホール前に移動して先輩と姉夫婦に合流!

寝起き感丸出しな甥っ子くんは仏頂面全開で愛想ゼロ(笑)

最近色んなことを覚え出した分わがままになってきた甥っ子くん。一緒にお出掛けしてもヤンチャし放題なもんで、実はどんなリアクションを見せてくれるのかという期待と同じくらい、前回よりも今回の方がぐずったり騒いだりしないかっていう不安な思いがありました。

まぁその為に通路側の席にしてもらったので大丈夫だろう!そう言い聞かせながらみんな揃って会場入りし、席が別れている甥っ子くんとここでしばしのお別れ!


さてさて試合の感想に移りますが、今回初心者の2人に解説をすることで自分も自然と初心者目線になってしまい、そういう目線で見ることで色々な発見がありました。

また彼女らの感想もいちいち新鮮でそれも含めて非常に有意義な観戦となりました!

そして、まず始めに言っておきたいのが、この大会は素晴らしかった!!

と言うことです。当初全カード6試合と発表された時に、ネット上では少ないから観にいかないなんていう単細胞な意見が目についたけど、まずその全6試合のマッチメイクによく目を通してみろと!

前の日記で書いたように見所盛り沢山じゃないかと!

それに、今までのノアでは通常の大会でも7、8試合やっていたかもしれないけど、ハッキリ言って大会の試合数なんて数多く組めばいいってもんじゃない!テーマのない寄せ鍋タッグマッチばかり並べられても途中でダレてしまうし、メインに辿り着くまでには疲れてしまうことだってある。

昨年2回ほど観戦したみちのくプロレスなんかが良い例で、やはり全6試合程度ながらそれぞれ試合のカラーが違うので集中して見れて楽しめたし、それでいてテンポ良く進んでいくので第一試合から生まれた熱を上手くメインにまで持っていけているという印象がありました。


それと同じく、ノアの今大会もそれぞれカラーの違う試合が絶妙な形でラインナップされていました!

第1試合はルチャリブレスタイルでマルビン&石森が会場を暖める!

第2試合は人気者健介が執拗にちょっかいを出す金丸&アニキ相手にトムとジェリーの方程式でドッカーンと会場を沸かせる!

第3試合は日本人vs外国人という古き良きプロレスの醍醐味を活かした構図で、仲良し外人勢が多人数バトルの醍醐味をも活かして大暴れ!玄藩GJ!ヒーロー大人気w

第4試合は今後の団体の行く末を左右する緊張感漂う一騎討ち!世代交代というテーマを越えた感情のぶつかり合い!!

第5試合は外敵GBH退治にモンスター森嶋出陣!これほど分かり易い勧善懲悪もなく会場を爆発させる盛り上がりを生み出してみせる!!

そして第6試合のメインではチャピオン登場!タッグリーグの決勝戦でもありベテランvs新世代の対決でもある注目の一戦でノアの未来を担う谷口にどっぷり感情移入!!


う〜ん…どうですか!?この見事なまでの起承転結っぷり!

自分らから観ても素晴らしかったし、初観戦の2人にとっても長々と8試合見せられるよりプロレスの醍醐味がギュッと凝縮されたこのラインナップはプロレスの素晴らしさを伝えるのには最適だったように思いました。


って、この時点で既に長くなってしまったので続きはまた後ほど…
| 観戦記 | 20:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:29 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chabovic.jugem.jp/trackback/192
トラックバック