EMG

プヲタピーターパン症候群・・・略してプヲターパンがお届けする熱さの押し売りブログ 〜欲しがりますよ勝つまでは〜
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
あしあと
MOBILE
qrcode
<< 消えない炎 | main | 潮崎よ、お前もか…。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
みんな絶対に立ち上がれ!!
遅くなりましたが、先日契約満了が発表された5選手について・・・

個人的には特に、菊地さんと多聞ちゃんがノアの所属でなくなることに関して、何とも言えない淋しさ、やるせなさを感じます。

それはやはり小橋さんと結びつきの強い2人だから・・・ということになるのかもしれない。

菊地さん・・・超世代軍直撃世代の自分には、かつての火の玉小僧の爆発っぷりは青春の1ページだったし、そんな同期の2人が共にアジアを目指して奮闘する姿に胸を熱くさせられた日々は宝物でした。

多聞ちゃん・・・常にサポートに徹する鉄人の名女房役として数々の名勝負を残し、自らの欲を捨ててバーニングを支え続けてくれました。あの腎臓癌発覚後初のナビで2本のタッグベルトを肩にかけての万感の入場シーンは忘れられません。そんな心優しきアマレスの神様。

最近はそのアマレスの神様としての幻想の一旦を垣間見せるスタイルに移行していただけに・・・思い入れを抜きにしても、あの地獄五輪だらけのテクニックが拝めなくなるのは惜しまれます・・・。

その技術力を生かして後進の指導にあたる役職にはつけなかったのだろうか?またあの理路整然とした分かり易い解説はもう聞けないのだろうか?


そして、そんな同期と盟友を自らの欠場中に失ってしまった小橋さん。

更に、昨年の丸藤P興行で橋くんと覚悟のシングルマッチを闘った秋山さん。

この2人もある意味で当事者の5人と同じくらいに心を痛めているのではないでしょうか。

舞台裏を色々と詮索してもしょうがないけど、百田さんを筆頭とする生え抜きの首切りを良しとしない現場サイドと背広組が対立していたという背景を考えると、この発表を皮切りに・・・どうしてもそんな不安が頭をよぎってしまう。

話を契約満了となった5人に戻すと、昨年頭の段階で既に「年間報酬保障」という契約形態に変わっていたことを考えると、団体側から約1年間猶予を与えてもらったという見方も出来る。

その準期間を生かしたのが橋と多聞ちゃんだろう。まずボディケアの資格を取ることで手に職をつけた橋は、その勤務先で多聞ちゃんのレスリング教室を開く為の手引きもしている。そしてかつて同じ釜の飯を食った大ちゃん率いるバチバチに参戦するルートを作ることにも成功したのだ。

そして残る3人の内、川畑さんや泉田さんは、他団体参戦という形で目立った動きがなかったということは、プロレスとは違う方面で何がしかのあたりをつけているんじゃないかと、何だかんだで顔の広いお2人さんだから、そういうルートを持ってそうだと勝手に思っています。

となると心配なのが菊地さんだ・・・。昨年の流れを追ってみると、謎の華激参戦やこれまた謎のハッスル参戦以降はコレといった動きはなく、新日さんからのご指名でのスーパーJr参戦や、小橋さんのバーターでの全日両国大会参戦といった大きな点を線にするまでには至らなかった。

例えば、仙台に居を構えているのだから、みちのくプロレスに参戦をお願いするなどのルートは築けなかったのだろうか?人生さんとは知らない仲ではないだろうし、みちプロの東北サーキットなら大体の会場は自宅の仙台から車で通えるという利点もある。リング上でも佐藤兄弟なんかはバラモンタモンの例もあるしで、菊地さんも上手くイジってくれる筈だ。あのカオスっぷりは宇宙戦争にだって負けないぞ!目指せ宇宙戦争参戦だ!!


最初にこの発表を知った時、このご時世と団体の現状を考えると致し方なしかと思ってしまう一方で、プロレスの実績や評価というのは単純に数字で表せれるものじゃない。例えば多聞ちゃんの技術力や経験は財産だと思うし、後世にキチンと残していかないといけないものだと思うんです。それはマイティさんにも言えることで、確かに最近のレフェリングには素人目で見ても危なっかしいモノがあったけど、それなら他の分野での役割ってなかったのだろうか?そんな憤懣やる方ない思いも抱きました。

ノアって団体は、昔から適材適所が上手く行われていないという印象があった。そりゃレスラーなんて個人商店だから自分で道を切り拓いていくものだけど、全日本なんかは上手くキャラ付けをして見事なまでの適材適所で人材を生かす術を知っているという印象があって、フロントが優秀なんだなぁと常々感じていた。

特にブードゥーマーダーズの再生工場っぷりなんかは、是非ともこの5選手もお願いしたいくらいだ!

橋くんなんかヘイトよりも使えるんじゃないかと思うんですが、武藤社長にTARUさん如何なもんでしょうか?

とにかく、今もまだ諦めずに闘っている小橋さんに負けるな!

いつかまたバーニングの名の下に集まれるように菊地さん!多聞ちゃん!橋くんも川畑さんに泉田さんもマイティさんも・・・みんな絶対にまた立ち上がってくれ!!
| NOAH | 00:15 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:15 | - | - | pookmark |
コメント
本当、淋しいの一言です。契約満了になった選手達
(菊地さんは除く)は、こっちには全然来てなくて
東京での試合を観たのと、あとTVだけだったんですよね。

これからも頑張って欲しいとしか、言えないです。
| 不知火・改 | 2010/01/12 10:22 PM |
>>不知火さん
なるほど…関東近県以外のファンの方は会場で会うことも出来ていなかったんですね。

それだと余計に淋しい感じがしますね。それぞれが頑張って自らの価値を上げてまたレギュラー参戦出来るくらいになって欲しいし、ノア側もそのくらいの余裕が持てるくらいに持ち直して欲しいですよね!
| チャボ | 2010/01/13 9:08 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chabovic.jugem.jp/trackback/179
トラックバック