EMG

プヲタピーターパン症候群・・・略してプヲターパンがお届けする熱さの押し売りブログ 〜欲しがりますよ勝つまでは〜
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
あしあと
MOBILE
qrcode
<< 12.6 NOAH武道館大会観戦記-2 | main | プヲタ脱線トーク >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ノーモア上から目線
いや〜もうね。武道館の後って燃え尽き症候群って感じで完全に腑抜け状態になっちゃって、なかなか観戦記も進まなくてね。ジョニーさんの舞台のことも書きたいんだけどなぁ。

大体あれだけ凄いもん見せられたら、こっちとしてもやいのやいの言えませんっていうか、語り尽くせないというか、二の句が出てこないとはこのことだって話でね。

当日会場にいたような上から目線で野次っている阿呆共じゃないから、凄いモノは凄いってのが全てなんですよ。

またあいつらは、一番上の方の安い席で缶ビール一杯で簡単に出来上がりやがって騒ぎ出すっていうね。この手の輩は大抵そんな感じで、大した金も落とさず言いたいことだけは言うっていうね。全く…特リン座って野次ってみろっつんだよホントに!

ただこの手の輩でも会場に来て観戦してるだけマシっていうかね。一番ムカっ腹が起つのはロクに観戦もしてねぇのにYouTubeで見ただけで偉そうに上から目線でウダウダ言ってやがる連中なわけです。

そりゃ観戦出来ない事情なんて人それぞれだし、CS放送を見れない環境にある人だっていらっしゃる。だからYouTubeが悪いってんじゃないんです。

ただ、それならそれで黙って見てろって話なんです。

このご時世にね。決して安くないチケット代を払って観戦したり、CS放送見るのだって試聴料金を払って見てるわけです。

間違いなくそういう人達が団体を支えているんですよ。

それをね。YouTubeのアップ待ちで自宅にいながらにして気軽に興味のある試合だけを見て、偉そうにブログや日記で講釈垂れてんじゃねぇと!!

会場に足を運んで、お金を落として、そこで初めて言いたいことを言いなさいよ!!

ノアなんか今年は本当に大変だったし、この先だってまだまだ荒波の航海は続いていきます。そんな中でリング上で闘う選手達は本当に一生懸命にやっています!

それでも、今回の武道館だって超満員とはいかず…色んな問題があるんだとは思うし、一概には言えないけど…やっぱり一つには上に書いたような財布の紐&口のキツイ輩が多いから。

そしてもう一つには前にも書いたように選手達は一生懸命やってるんだから会社がもっとちゃんとしてくれってこと!!

今改めてそう思います。


ここで言う会社には営業さんは含まれないですよ。営業さんの頑張りには日頃から頭の下がる思いですから。


で、まず龍さんはさぁ相談役って割には、巡業や海外遠征にも同行してるわ、試合後のイベントとかも仕切ってるわで、全然裏に回る気配がないよね…。

三沢さんの遺志を継いでのセカンドビジネスの話はどうなってるの?

DDTなんかは今月歌舞伎町のど真ん中に酒場をオープンさせてこれで飲食業は3店舗目だよ。


かつて龍さんが言ってた海外進出の話だって、シリーズの中の一部として開催するって案も含めて全日本が実現させてるよね。

新日や全日は本当に会社が色々考えて世間に向けて発信してるなって実感出来るけど、ノアは龍さんは具体的に何をやっているんだろう!?


上の方に書いた上から目線のファンのことで火が着いてここまで書いちゃったんだけど、先日の1・4ドームの交渉における龍さんの発言ね…。


上から目線も甚だしいよね…。

これじゃファンにどうこう言えないっつうか、団体の顔役が一番上から目線だったよっていうね…。


大体なんで相談役が、こういう所でシャシャリ出てくるわけ!?


そういう意味でも、これから丸藤派(モリシ&杉)の選手達がもっと前面に出ていいんじゃないかと思う。


引き継ぐところはきちんと引き継いで、退くところはきっちりと引いてもらいたい。


そうした時に初めて新生ノアがスタートする。そう思わずにはいられません!!

頑張れプロレスリングNOAH!!

頑張れプロレス!!
| NOAH | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:30 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chabovic.jugem.jp/trackback/157
トラックバック