EMG

プヲタピーターパン症候群・・・略してプヲターパンがお届けする熱さの押し売りブログ 〜欲しがりますよ勝つまでは〜
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
あしあと
MOBILE
qrcode
<< キミも武道館で… | main | 12.6 NOAH武道館大会観戦記-2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
12.6 NOAH武道館大会観戦記-1


行ってきました。「Winter Navig.’09」最終戦12.6日本武道館大会。

G+加入者限定の小橋さん撮影会に参加する為に14時には武道館に到着。

早速列に並び、一人だったので退屈凌ぎにキョロキョロしていると1台の車が駐車場へ入って来たので視線を送ると助手席には身を乗り出して前方確認をするイトーの姿…小橋さんの車だ!

目下絶賛教習中のイトー。マジでさっさと免許くらい取ってもらいたい!小橋さんに運転させて助手席ってお前ホントにアレだぞ(笑)

そんなイトーがオーライオーライして無事に車を駐車し降りてきた小橋さんは入り口に向かう途中に撮影会の列に気付いて手を振ってくれる!遠目からでもあの嬉しそうな表情が想像出来るほどに(笑)

その後予定の時間になって整理券が配られ出した頃ヒョコヒョコ歩きで小橋さん登場!

091206_1527~01.jpg

「みんな寒い中ありがとな!」と満面の笑みでファンに手を振るTシャツ姿の小橋さん(笑)

この日は陽当たりも良く風もなかったので、並んでいても全然苦じゃなかったです。前日のような雨模様でなくて良かった!

と呑気に思っていたが、それはある一人のツンデレ雨男にとっては不吉な予兆とも言えるものでもあった…。

しかしこの時点では、そんなことは知る由もなく大人しく順番を待っていると、いよいよテント前まで辿り着くとそこには…


係員の誰よりも周りに気を配り!

ファンの誰よりも嬉しそうな笑顔で!

Tシャツなのに誰よりも暑そうにしながら、

ファンの誰よりも自分自身が一番撮影会を満喫してそうな勢いの小橋さんがいましたw

そんな姿を眺めながらこっちもニコニコしていると、いよいよ自分の番が回ってきた。

上記したように、バックの置場所やらを指示してくれる小橋さんw


ポーズはもちろん青春の握り拳だ!!

録り終えると小橋さん「確認してみな!」

「いいですか?」

「いいよぉ!」

確認してみると、テンションが上がり過ぎた自分の握り拳が顔にかぶっちゃっているが、自分の顔の写り具合なんてのはどうでもいいのでノー問題ス!


そして、小橋さんに語りかけた。

「小橋さん!」

「うん。」

「来年、秋山さんとタッグ挑戦…待ってます。」

そう自分が告げると。


一呼吸置いてから、ゆっくりと頷いた小橋さんは


「おう、ありがとう!ありがとうな!」


力強くそう言うと、ガッチリと握手をしてくれました。


眩しいくらいの…そして全てを包み込むような笑顔で。


その余韻に浸って若干放心状態気味になっていると、今日初めてご一緒するお仲間が無事に武道館到着!

いつもの連中(しもっち先輩&ヲタのS)は試合開始30分前にテント前集合なので、それまで食堂でお腹を満たしつつ初めて一緒に観戦するのでなんやかんやと話しながら…お土産を貰ったりで恐縮しきりとなりながら…

初の武道館大会観戦となるお仲間さんが、武道館ならではなノアのプロレスを満喫出来るような素晴らしい大会になればいいなと思った。

そして、こんなお目目パッチリな可愛らしいレディが謎の坊主頭とヲタタ眼鏡と和製ロシア人っていうむさ苦しい面子の中に入って大丈夫なのかと、そっちの方が心配だったりもした(大袈裟)


そうこうしている内に、メガネとロシア人…否Sとしもっち先輩が到着したので、合流し簡単な挨拶を済ませていよいよ館内へ!

お世話になりっ放しのスタッフさんに挨拶をして席に着くとスタンド一階席のA列という良席。いつもありがとうございます!!


場内が暗転し、レーザー光線飛び交うオープニングといつものテーマ曲で、テンションも一気にうなぎ昇り!!

まだ2階席に空席がかなり目立つのが気になるところだが、いざ激動の2009年を締めくくる最後の武道館大会試合開始!!



▼第1試合
○谷口周平(10分38秒 原爆固め)橋誠●


入場時に天狗のお面を着用せずに入ってきた橋。

ブログで言っていた本人の気持ちも分からないでもないけど、武道館ではつけてこようよ…。あの三沢さんとのエピソードでせっかくファンの脳裏に強く印象づけられたのに…勿体無いよ。


一方の谷口は、今の立ち位置や勢いからすれば橋越えは至上命題!

しかし橋の方からしたって、久しぶりに掴んだ武道館での晴れ舞台でそう簡単に後輩に追い抜かれるわけにはいかない!

そう言わんばかりの突貫ファイトを見せる橋にあちこちから声援が飛ぶ!ブログ効果かその人柄か会場人気は高いのだ!

オフィシャルな菊地さんやモリシよりもコメント数が多い橋のブログ。秋山さん情報も先取り出来る師弟愛溢れる内容は素晴らしいのだが、そこで描かれている日常生活から道場に行っている気配がないのが前から気になっていた。

お仲間さんも気になっていたらしく「契約が変わると道場使えないんですかね?」と心配していたが、そんな筈ないよな橋くん!

なんで、そのことがそんなに気になるのかと言うと、あのプルプルと無駄に揺れ動く胸筋…いやあれは筋とは言わないだろうな。

とにもかくにも、あの胸が気になってしょうがないのだ!

あんな風に胸を踊らせながら試合をされてもファンの胸はちっとも踊りゃしないって話だ!!

バチバチにも参戦してるんだから他団体のファンにどう見られるのか?その辺のプロ意識をもっと強く持って欲しい。ていうかフリーならまだしもノアの名前で他団体に出るんだから意識しなきゃ駄目だ!

ただ、この試合では左目尻を切りながらも奮闘していた橋。場外へのフライングヘッドバッド、ゴリラーマンズS!

しかしそれらを受け切った谷口は、終盤持ち前の豪快なスープレックスを連発しキッチリと先輩越えという名の結果を出してみせた。

今ナビだいぶ弾け出した感があるが、殻を破るまでにはまだまだ後一歩、ブレイク前夜の谷口周平から来年も目が離せない!!


そして橋くんはまずヘビーなのかジュニアなのかハッキリさせろ!それから体を…っていうか胸を搾れ…否絞れ!!

今のままじゃゴリラってより牛だから…応援してる沢山のファンの為にも頑張れ!!

23日生きて帰って来いよ!!
| 観戦記 | 03:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 03:39 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chabovic.jugem.jp/trackback/155
トラックバック