EMG

プヲタピーターパン症候群・・・略してプヲターパンがお届けする熱さの押し売りブログ 〜欲しがりますよ勝つまでは〜
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
あしあと
MOBILE
qrcode
<< 真の膝を持つ者!! | main | サンキューな!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
真壁刀義・・・スゲェカッコイイぜ!!
090816_1749~03.jpg

両者セコンドの本間と矢野を下がらせ、真壁はチェーンを本部席に預け、いざ正々堂々の真っ向勝負!!


開始早々、頭に巻いた包帯を剥がされ杉浦戦で開いた傷口からまたも流血させられる真壁に大真壁コールが降り注がれる!

そして、真輔には大ブーイング!!

印象的だったのが、真壁に対するそれは、頼む!勝ってくれ!っていう願いを込めた感じの叫びが多かったのに対し、

真輔へのコールは…

っていうか自分の周りの中邑コールを送る連中は非常にガラが悪かった。

一部だけの話だから一概には言えないけど、ストロングスタイルという言葉を使った真輔に共鳴するのは、やはり昔からのガッチガチなキングオブスポーツな新日本ファンが多いような気がします。

そういう方々は、一部を除いてだいぶガラが悪くて、マナーも悪いイメージがあったりします。

まぁそれは置いておいて、自分は元来、王道育ちで今は箱舟に乗船中の身なんで、その辺のイデオロギー闘争的なアレに関してはゴチャゴチャ言う気はサラサラないし、ストロングスタイルがどうこうって言える立場でもないと思ってるんですが、

ただ、ファンに媚びる選手が繁閑する今だからこそ、己の信じた道を突き進む中邑真輔の姿には真壁とはまた違った男を感じます。


それでも真壁を応援するのは…元々新日の中では一番好きな選手だからっていうのを差し引いても…

今の真壁刀義からは、心を揺さぶる何か…訴えかけてくる何か…それがビンビンに発散されまくっているからなのだ。


「断崖絶壁!後がねぇ状況から立ち上がるのが、このオレ真壁刀義なのよ!」


そのべらんめぇ口調での熱い言葉も、いちいちシビレさせてくれる!

泥臭くて、不器用で、飾らなくて、とにかく真っ直ぐにしか進めない!そんな熱くて野性味溢れるタイプのレスラーが自分は大好きなんです!!


小橋建太、大谷普二郎、佐々木義人、佐々木貴、葛西純、大した実績もバックボーンもなく、エリート扱いされることもなく自分の力だけを信じて這い上がってきた男達。


男が惚れる男ってのは、そういう男達なんだよ!


だから、愚直なまでにバカ正直なスタイルが信条だった井上リーダーの廃業は、とても残念…。


また話が逸れだしましたが、そんな真壁に惚れて足を運んだ両国で、頂点に昇りつめる姿をこの目に焼き付けてやる!!

そんな思いで、自分も盛んに真壁コールを送ります。

流血した額を狙われ、蹴り倒され、踏み潰されても、立ち上がり、もっと来てみろ!と手招きで挑発してみせる真壁に会場は沸き上がる!!


リバースパワースラムで真っ逆さま!!

投げっ放しタイガースープレックスで体がグニャリ!!

ランドスライドで、痛烈にマットへ叩きつけられる!!


その度に歯を食いしばって耐えて起き上がってくる表情が大型ビジョンに映し出される!!


090816_1742~01.jpg

そして、仕上げに入った真輔は今日も現王者棚橋を沈めたボマイェを後方から見舞っていき、これを真壁モロに喰ってしまう…


起き上がる真壁を対角線で待ち構え、これで終わりだ!とばかりにトドメのボマイェを狙い突っ込んでくる真輔!!


しかし、その一撃を両腕でガードしてみせる真壁!!狩野や木村といった火の鳥NIPPONも真っ青な起死回生のパーフェクトブロック!!

090816_1748~01.jpg


そして執拗な腕ひしぎで完全に破壊された右腕も、腕の一本や二本くれてやるよ!と言わんばかりに、両腕を使って連続ラリアット、串刺しラリアットを放って流れを引き寄せる!!


そして、殺人フルコースの第一段階、スパイダージャーマンにとりかかるも…コーナー上でもがく真輔!


すると真壁は、その真輔の頭を鷲掴みにしてそのまま鉄柱に叩きつけるという…ワイルド過ぎる野生の本能を剥き出しにした一撃を繰り出し…そこから一気に急角度のスパイダーなるぬキングコングジャーマン炸裂!!


大歓声が交錯する中、杉浦戦の再現とばかりに後頭部へキングコングニードロップ投下!!


割れんばかりの大歓声がフォールを後押しするも、真壁は真輔の体をひっくり返して再びトップロープへ!!


まさに…本当の膝の使い方ってやつを教えてやるよコノヤロー!!と言わんばかりの正調キングコングニードロップが爆発した瞬間、館内も大爆発でスリーカウントを大合唱!!


真壁刀義、G1初優勝成る!!


一人で会場で観戦して、これだけコールを送ったのは久しぶりでした!!


力と力の真っ向勝負!!


真はオレ様に有り!


そして、真の膝もオレ様に有り!!


といった感じか。


極上のキングコングスポーツをしかと堪能させていただきました!!
| 新日本 | 20:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:39 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chabovic.jugem.jp/trackback/124
トラックバック