EMG

プヲタピーターパン症候群・・・略してプヲターパンがお届けする熱さの押し売りブログ 〜欲しがりますよ勝つまでは〜
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
あしあと
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ZERO1−MAXについて…其の3
 
年内最終戦新宿FACE大会では、高岩の退団表明、崔のラストマッチ宣言。

その他にもHikaru&前村両選手の引退表明もあった。

これは本当に、引退という選択をせざるを得ないような状況だったのかと想像するとただただ切ないんだけど、それだけに願うのは、この引退を明るい未来に繋げていって欲しいということ。

25歳定年制とまでは言わないけど、やっぱり女子選手はある程度の年齢になったら引退してからの人生を考えていって欲しいと個人的には思ってしまいます。

やっぱりベテランばかりに頼るようだと若手の成長が望めないし、業界として不健全な部分も色々と出てくると思うんですよね。 だからこの引退が寿引退であれば言うことないんですけど、まぁそれならそう言うか…。

ただ最近、特にHikaruは気のせいか?綺麗になったように感じてたんで、もしかしたらと思ってたりするんですけどね。 そうじゃなくても本当どんな形であれ幸せになってもらいたいなと切に願ってます。

そして、団体にとってはネガティブハッピーチェーンソーな話題てんこ盛りだった大会の前には、東スポプロレス大賞の授賞式が行われていました。

その模様は三田佐代子の猫耳アワー「第9回 東スポプロレス大賞授賞パーティの巻。」

にも詳しく書かれてますが、Sアリーナではその三田さんのリポートの模様が流されていました。

田中の授賞を素で喜んでいる三田さんと満面の笑みでそれに応える田中!

そして、ブログにもあるようにインタビュー中に大谷社長が入ってきて、田中将斗殊勲賞決定の報を聞いて涙を流したとの話を三田さんにふられ「悔し涙ですよ!」と笑いながら返すも、

「今もちょっと目が赤くなってません?」と更に突っ込まれ、「お酒が入ってるんで!」と照れ笑い(笑)

更に田中が「社長からもらったメールでオレも泣きました」とカミングアウト!

全くなんて熱くて温かい連中なんだ!!こんな所がゼロワンの魅力なんだよなぁ。

そして、Sアリでは流れなかった三田さんブログの中のこの大谷社長のコメント

「以前僕らが炎武連夢でベストタッグ獲った時、橋本さんが本当に喜んでくれたんですよね。今回の田中の授賞で、あの時の橋本さんの気持ちがすごく分かりました。」

これにゃホント感動しました!!

こういう人情味溢れる熱い絆がある限り…まだまだゼロワンは大丈夫なんじゃないかと思う!!


最後に問題の17日新宿FACE大会を観戦された元Kamiproのささきぃこと佐々木亜希さんのブログ『ときどきキックアウト』から「今あらためて考えるゼロワンの魅力」 に唸らされたので、ここにその一部を抜粋して掲載させていただきます。


『ゼロワンが大丈夫なのか、と心配されることが多いのは団体として「貯蓄」がないからだと思います。手持ちのカードを全部並べている。

ですが、団体を「会社」じゃなく「生命体」として考えるとエネルギーは、ありすぎると脂肪となって逆に母体を腐らせてしまいます。

上手に放出することは、むしろ健康でありきるためのコツでもありますし有るものを活かすための道でもあるし有るものに感謝するための方法でもある。というか、ないんだからなんとかするしかない。

ゼロワンに限らずプロレスの小さな団体を支えるのは喜怒哀楽すべてにおいて使い切る、出し切る、出し切ったというすげぇ言い方悪いけど便秘が治ったような心地よさを貫いているかどうかと無駄なく使い切るためのアイデアをいかに尽くしているかという点に尽きるのではないでしょうか。

本来、生命体とはそうやって生きていくものだと思うのです。私は見ていてそれを教えてもらいましたしそういう意味で、私はゼロワンは団体として健康的だと思っています。

まぁ、健康であることと貧乏なこととかは全然別問題だしあまりにも場当たりなのはどうかと思いますが、健康であるからこそ放てる光、というのも、必ずあると思います。

不健康な状態の生き物を見たとき、健康ってすげぇなと感じるのです。』


使い切る、出し切る!!ナルホドなぁ・・・だからゼロワンを観終った後はいつも、便秘が治った時のような心地良さがあるんだな(笑)

団体としてのそういった姿勢を曲げずに、思いの丈をぶつけて全てを出し切る・・・熱くてぶれないプロレスを続けていけば、きっと活路は拓けるはずだ!!!

来年からは、う〜MAXが出来なくなるかと思うとちょい残念だけど・・・


これからも、当ブログはゼロワンを応援していきMAX!!
| ZERO1 | 18:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ZERO1−MAXについて…其の2
 続いては、同じく17日の年内最終大会終了後に崔が発した謎の「とりあえず離れる」発言。

これまた裏事情が分からないので、何とも…って感じなんだけど、そもそもそういう風に裏で何かあるんだろうなとファンに勘繰らせちゃう状況って、どうかと思う。

まず第一に熱心に応援してきたファンに対しての説明責任があると思うんだけど、ここ最近の崔は客商売をしている者とは思えない風来坊っぷりを見せていて、端から見ていても何がしたいのかまるでチンプンカンプンだから感情移入なんか出来やしないっていう状態だった。

唐突に「旅に出る」と言い残し、リングからしばらく離れていた時期がありましたが、その間『あいのり』に出ていたらしいってのは全日両国大会の時にあっきさんから聞いていました。

それを聞いた時、なんだか凄くガックリきたことを覚えてますし、個人的にはそのOAを見たいとも思いません。


そして、今回のしばらくリングを離れることになった要因にもこの『あいのり』が絡んでいるのかもしれないという話も聞きますが、正直、自分はその辺のことはどうでもいいって思ってしまっています。

選手や団体に対して、あれこれ意見したりして熱くなってる内はまだいいです。そこには応援している時とは質こそ違えど『熱』が存在しているからです。

ただ今の自分みたく興醒めしてしまって無関心になってしまうことが、一番宜しくない状態だと思います。

プロレス界の人間関係絡みのネガティブなニュースというのは大抵ファン不在でのゴタゴタというイメージがありますが、現状の崔の行動も完全に『ファン不在』だと自分は思います。


『あいのり』という若者に人気の番組に出演するというメディア戦略で新規のファンを開拓しようという狙いなんだと思いますが、今のこの状態でのそのやり方は自分はどうにも乗れません。


今まであれだけ自分を熱くさせてくれた崔領二という選手に対して、今抱いているこの冷めきった感情が寂しくってしょうがないです。

今はただ、またいつかこの胸を熱くたぎらせてくれる日が来るのを待つのみなのです……。
| ZERO1 | 14:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ZERO1−MAXについて…其の1
 年内最終戦の新宿FACE大会のメインで永田から世界ヘビーの奪還に失敗した高岩選手の試合後の退団表明。

個人的に言えば、どうでもいいというか…寧ろ喜ばしいことですらあります。

何があって、そういう選択をしたのかという裏事情は知る由もないし、知ったかぶって勝手な思い込みによる憶測なんかは書こうとも思いませんが…

ただひとつ言いたいのは、あの選手…星川尚浩選手の還るべき場所であるこのリングを守る使命がアナタにはあるんじゃないんですかと!

その星川選手の復帰を待たずに団体を離れようとするその神経は自分にとっては理解し難いものです。


ただこの退団表明は、本人が戦前勝手に「永田に負けたら退団する」と発言したことで「嘘つきにはなりたくない!」という流れからの完全なるフライング発言であり、この時点では「これから団体に直訴する」という段階だった。

そして翌日に元旦興業のカード発表会見で大谷社長と同席したわけだが、そこでは何も言われなかったらしく、どうやら団体側には本気と取られていない模様…。

既に決定済みのカードに関しては参戦する見込みだそうで、本人からすればそれを消化した後に…ということなんでしょうが、まず団体側ときっちり話し合いをして欲しいですね。

まぁ厳しい時は少数精鋭の方が小回りも効いていいと思うし、将来のある若手の退団なら厳しいけど高岩クラスのベテランだと経費削減には持ってこいだと思います。

ただ辞めるなら口で言う前に、きっちりと正式発表出来る段階になってから言えよと!団体がこんな時期に…相変わらずKYな人だなぁと!

上記の理解し難い神経と併せて益々嫌いになりましたので、これからゼロワンを見守っていく中であの危険技連発の無節操な試合を見なくてよくなるかと思うと清々します。


しかしそんな無節操さでインディーをどさ回りなんかした日にゃエライことになるなぁ…。

なので、フリーになったら練習場所にも困るでしょうからNEOに行って三田さんから正しいデスバレーボムの落とし方等を習いに行く!

辞めるんならさっさと辞めてもらって、まずはそこから始めて欲しいなと思う次第であります。
| ZERO1 | 13:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |