EMG

プヲタピーターパン症候群・・・略してプヲターパンがお届けする熱さの押し売りブログ 〜欲しがりますよ勝つまでは〜
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
あしあと
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
はべらすぜぇ!
今日は待ちに待ったGTL最終後楽園ホール大会!


気になる、決勝戦のカードは…

高山&佐野[Aブロック1位]
   vs
杉浦&谷口[Bブロック1位]


ここは谷口の大爆発に期待します!


他にも真壁センセとモリシの初激突やら、秋山vs丸藤とかKOWの聖地帰還とか見所てんこ盛りで怪我人の多さを感じさせないラインナップとなっております!


これで、埋まらなきゃ…どうかしてるゼ!!



それから今日は女子大生2人と一緒に…へっへっへ…はべらすぜぇww


2人とも初体験なんだって!!


そんな初めての娘を一気に2人もってww



ここはいっちょ気合い入れて満足させてあげなきゃな!!!


やっぱり生が一番だもんね♪



きっと忘れられない一日にしてあげちゃうんだから



ドSのオレがね(*´m`*)SはサービスのSなのだ☆
| NOAH | 11:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
雅央復帰決定
待ってました!!!!!!

2・6ディファ有明大会であの男が帰ってきますよぉww


そうです。昨年7月21日の秋田大会での小橋さんとの白GHC戦で負った左股関節後方脱臼という重症から、およそ半年ぶりに…


雅央 is Back!!


《以下23日付けの東スポより》

「21日にMRIを撮ったら大丈夫だった。スポーツ選手では前例がないみたいで、復帰の目安とか分からない中でリハビリを続けてきたから、うれしいね」と笑顔を見せる。

ノアでは田上社長をはじめ、小橋、潮崎豪、KENTA、鈴木鼓太郎が欠場という非常事態の中、頼もしい男がリングに戻ってくる。

「いろいろな人に支えられてここまできた。オレが元気で頑張ることが恩返しになる。まずは体を慣らして、プロレスラーの体にしないと」と誓う井上は24日の後楽園大会でリング上から復帰を報告する予定だ。
______



おそーーいw(雅央ism)


なんつって、うそうそうそ、ムリムリムリ(雅央ism)

まぁホントに無理しない程度に…でもまぁちょい頑張り気味な感じでお願いしますよ!



もっとガンバレまさおく〜ん!


まずは復帰戦を…ガンバッテクダサ〜イww(ウゴウゴルーガism)
| NOAH | 01:16 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
いつまでも素人を出張らせてんじゃねぇ!!
前回の日記で触れたとにかく凄かったノアヲタの皆さんのヒートっぷり。

現在様々な面で、新しく生まれ変わろうとしているノアだけど、今までこういった熱狂的なノアファンに支えられてきたと同時に甘やかされてもきた。その結果がこの現状を招いている部分もあると思う。

自分はかつて、

凄くて面白いプロレスってものを対世間に届くように努力していたのは全日であり新日であったと思うんです。ノアは残念ながら団体としてそういう姿勢が余り感じられず、そのベクトルは常にノアファンだけしかに向いていなかったように思います。そりゃ自分の団体のファンを第一に考えることが間違ってるとは思わないけど、結果的にはそのファンに甘えてた部分があったんじゃないかと…近年ずっとそう感じてました。

と、2008年当時のブログに書きました。丸藤やKENTAといったトップ所以外の選手には意識改革が必要だと書いたこともありました。それからノアを取り巻く状況は想像を絶するほど悪化しているにもかかわらず、残念ながら意識改革どうのこうのって次元の話じゃなく、今のこの現状において余りにも危機感がなさ過ぎるんじゃないだろうか?

この真壁さんのコメントがある意味その如何ともし難い現状を表しています。

「ファンばっかじゃねぇか、ノアを愛してるのは?レスラーのお前らはどうなんだよ? 杉浦だけにやらしていいのか、小僧ども? “デクの坊さん”たちよ。なんか文句あんだったらよ、縦の世界をブッ潰して来いよ!『俺が、俺が』と手をあげて来い。今、俺と闘わねぇで、いつやるんだよ?」

加えて、赤レンガ2日目に来場した吉江の誰かオレと闘いたい奴いないのか?という呼び掛けも完全スルーな図体ばっかり敬称略な三下の皆さん・・・。

今はもう自分に与えられた仕事だけをこなしていればいい時代じゃありません。言い方は悪いけど、三沢さんや小橋さんが自らの身を削って築き上げて来た財産を喰い潰しながら、日本テレビという金看板の恩恵に預かれていた時代はとっくに終わってしまっていると、いつになったら気付いてくれるのだろうか??

今のままじゃ、気付いた時にはもう手遅れ・・・ということになりかねないと本気で思います。

裏を返せば、その危機感を持った選手達ばかりが無理をしてしまうから余計に負担がかかり、その結果が負傷離脱者の続出に繋がっているんだと思うのです。

だから、小橋さん、KENTA、鼓太郎、伊藤、雅央に加えて潮崎までという日記を書いたばかりなのに、今度は田上社長まで・・・そう思う一方で、

今回の田上社長の欠場も、やはり負担をかけ過ぎた過程が招いたアクシデントという意味では、ある種納得してしまうところもあります。

それは、あのただでさえ練習などで調整していないであろうナチュラルなボディが、社長就任以降目に見えて膨れ上がっていく様はお世辞にもコンディションが良いようには見えませんでしたし、それはきっとスポンサー探しに奔走して夜の接待が増えた為だというのは容易に想像できたわけで、そんな状態ではいつ怪我しても・・・そう思わざるを得ないのです。


ハッキリ言って今のノアは、かつてのような一枚岩なイメージからはかけ離れた状態・・・つまりバラバラといった印象があります。

そんなバラバラな状態だから一部の選手に負担がかかるんであって、とにかく今はまず、みんなが一丸となることが大事なんじゃないでしょうか。そうすれば・・・否、そうしなければこの窮地は乗り越えられないと思います。


いつまでも、「素人の仲田をリングに出張らせんじゃねぇ。あのバカ野郎に先陣切らすんじゃねぇよ、この野郎!」

ということです。
| NOAH | 11:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
若林“恩返し”健治
1・16、1・17赤レンガ倉庫2連戦をサムライTVの中継で視聴しました。

GBHvsDO、真壁vsGM、谷口の奮闘、などなど・・・見所盛り沢山だったこの2連戦ですが、まず個人的に今回の中継の大きな目玉と言えば・・・あの馬場全日本を誰よりも深く愛した魂の実況中継人が王道の流れを汲むこのNOAHの実況席に・・・若ちゃんIS BACK!!

しかもサムライのNOAH中継は、これまで解説の選手と塩野さんがスタジオで映像を見ながらのアフレコスタイルで行っていましたが、今回の赤レンガ2連戦は会場での実況中継スタイル!(ちなみに今回の若ちゃんは塩野さんの代打参戦という形)

そら若ちゃんのテンションも上がりますわ!しかしながらそのアゲアゲな若ちゃんと今回コンビを組んだ解説の鼓太郎はマイペースなローテンションで、その温度差がまた何とも言えない味を醸し出しておりましたw

若ちゃん、きっと新しい技の名前とかもちゃんと調べてきたんだろうなぁ。あの感情移入しまくりな魂の実況は相変わらずだったなぁ(笑)横にいる鼓太郎も何度「早く帰ってきて下さい!」と言われたことかw

その鼓太郎もあのボソボソと喋る解説っぷりは、三沢⇒丸藤⇒鼓太郎といった感じで、脈々と受け継がれているなと思って感慨深いものがありましたww

そんな凸凹コンビの味を堪能しつつ、久方ぶりな若ちゃんの熱血実況っぷりにもっと、どっぷりガッツリ耳を傾けようかと思っていたわけでなのですが・・・

いや〜参った!参った!

「カーエレッ!カーエレッ!」

「そんな試合しか出来ないんだったらカエレー!!」ってねぇ・・・(笑)

とにかくもう何か凄いんだわ!女性の皆さんが・・・もう半ばキ○ガイじみた感じでさぁ、個人的には、この中継はノアファン以外の人には見てもらうのが忍ばれます・・・っていうか恥ずかしい!ていうか、キモい!!もう途中で餌付いちゃって、ゲボ吐いちゃいそうになっちまいましたものww

そんで2日目は2日目でまたパンチの効いた姉さま方がねぇ・・・。

ていうか、あの酒焼け丸出しな声質って・・・椿鬼奴じゃね?

このヤッコさんもやっぱり選手の名前をコールするだけの応援スタイルでは飽き足らずに、この手の方々特有の謎の上から目線でもって「周平くん!相手よく見て!」とかw

現チャンピオンの杉サマに「杉浦さんカット!!」とかって喰い気味に指示を出したりで、仕舞いにゃこれボンジョヴィでも歌い出すんじゃねぇかと思ったら可笑しくってしょうがなかったですww


ただ、ホントに試合や実況に集中出来ないのが困りもので、これはもう一回見返さないとだなと思うわけなんですが、何だか無限ループになってしまう気がしないでもないっていう(笑)


まぁ裏を返せば、そうさせてしまうだけの熱狂を生み出したってことなんですよね・・・外敵の真壁さんがね!!

まぁその辺のことはまた次の機会に。


しかし、久方ぶりの若林節をまさかNOAHの中継でねぇ・・・何ともノスタルジックで感傷的な気持ちにもなりました。当時、若林“恩知らず”健治なんて呼ばれていた若ちゃんですが、今回の【里帰り】では三沢さんへの“恩返し”の気持ちがあったんじゃないかなぁなんて思ったりしました。


そして、またあの実況席に座る機会があれば、その時は小橋さんの試合でまたあの魂の名フレーズを聴かせて欲しいです!!


そんな日が来るのを楽しみにしています。

 
| NOAH | 08:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
潮崎よ、お前もか…。
2010年になって、負の連鎖は絶ちきれたものと信じていたのに…。

赤レンガの初日で右肘をやっちゃったとは聞いてたけど、2日目には出場してたから何とかなるのかなと思ってたら…骨折って!!

ちょっと待てと!

それなら何で2日目に試合させたんだよって、そこはいくら本人が責任感から出場すると言っても、浅子トレーナーなりが適切な判断をしてストップかけなきゃいかんだろ!?

この際だから言うけど、去年の12・23丸藤プロデュース興行の鼓太郎vsテリーの時も、試合中に鼓太郎が明らかに膝をやっちゃって様子がおかしいのに、若い中山レフェリーは続行させちゃうし、雅央は解説だからセコンド陣にも止めれるような選手がいないし、浅子トレーナーはなかなか出てこないしで、結局数分間続けちゃってたんだよね。

アレを見て引いたもんなぁ。これはないわぁって思った。その場で止める判断が出来なくても、一旦中断してチェックとかしなきゃ駄目だろ?遅れて出てきた浅子トレーナーも試合を止めた後に中山レフェリーに怒ってる感じだったけど、中山レフェリーはまだキャリアが浅いんだからこういう時はトレーナーがフォローしてあげなきゃいけなかったんじゃないの?計らずも、こういうケースにはどう対処すべきかという連携が日頃から取れてないことが浮き彫りになった瞬間だったように自分には思えた。

話を戻すと、2日目に出場した豪は右手の痛がり方が尋常じゃなかったそうで、ここでもっと酷いことになってたらどうするんだって!!

リング上で選手が負傷をしてしまうのはアクシデントだから防ぎようのないことだとしても、その後の対処って部分ではノアが一番過敏でいなきゃいけないのに…。

GMもよぉ!巡業に帯同してんだから、レスラー相手に出張ってねぇで、そういう管理体制にちゃんと目を光らせろってんだよ!!


前にも書いたけど、この呪われたかのような負傷の連鎖は、それだけ選手達があの悲しみを乗り越えようとファンに不安を抱かせまいとある意味で許容範囲を超えちゃうくらいの勢いで駆け抜けてきた結果、その反動でかかり過ぎた負荷に耐えきれずにパンクしちゃったようなもんだと思うんです。

だから去年一年のノアを引っ張ってきた選手ばかりがってのはただの偶然じゃなく、ある種必然と言える側面もあると思う。

それだけに、選手の体調管理にはもっと気を配ってもらいたいし、これまた前にも書いたけどオフのスケジュールももっと考えて欲しい!

去年前半激闘を連発して間違いなくノアを引っ張っていたKENTAには、裏を返せばそれだけ疲れが蓄積されていただろうに、オフに海外遠征を入れたら体を休める暇がない!

実際に負傷したナビの後にもROH遠征が控えてたんだからね…。

去年の豪のメヒコ遠征だってそうだよ!何でわざわざ貴重なオフを潰してまで、団体の柱であるチャンピオンを海外に行かせるリスクを犯すのか!?

いくら提携先が望んだからって団体のトップ選手をホイホイ行かせてたら、その選手にばかり負荷がかかるなんて誰にでも分かることだよ。

今回だって、豪はナビ終わりでのメヒコ遠征が発表されてたけど、GMはその度に自分も付いて行っちゃってさ、テメェが海外旅行したいだけなんじゃねぇかって!

毎回豪やKENTAばかりじゃなく渉外担当時代のお得意の剛腕交渉で、石森くんとかマルビンを売り込めっつうんだよ!!!


また熱くなってちょっと脱線気味になってきちゃいましたが…


とにかく、小橋さん、KENTA、鼓太郎、雅央に続いて豪までとなると完全に非常時代警報発令だよ!!

こうなった今、ヘビー級戦線の浮沈のカギは谷口が握っていると言っても過言じゃないぞ!!


それと、図体ばっかりデケェだけのあんちゃんやらさんしたやらがよぉ!もう他人任せで胡座かいてる場合じゃねぇぞ!この野郎!!


そんでもって、ネットやらコミュやらでリング上以外のことをあれこれ詮索してやがる崇高なノアヲタのみなさんはよぉ、そんなことしてる暇があったら会場に足を運びやがれってんだよ!!


ウダウダ言ってやがる奴等に限ってパソコンの前に貼り付いてやがんだよ!テメェらみたいなウンコチ○チンが好き勝手言う前に金を落とせよこの野郎!!


こんな状態は真壁さん一人じゃ手に負えねぇっつうんだよ!!


こういう時こそファンが支えなきゃなんねぇんだろうが!!


オレは行くぜぇ後楽園に、自分入れて6人だよ。営業かけて集めたんだよ!!


女子大生が2人もいるんだぞ!羨ましいんだろぉ?はべらすぜぇ!!


それと、逆転の発想で行けば今のノアはある種、期間限定のプレミアもんだそ!!ヲタはプレミアとか弱いだろ!?今の内だけだぞ?


とにもかくにも、今こそ立てよノアヲタ!!!!


立ち上がれ、選ばれし箱舟の三下達!!!!
| NOAH | 19:28 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
みんな絶対に立ち上がれ!!
遅くなりましたが、先日契約満了が発表された5選手について・・・

個人的には特に、菊地さんと多聞ちゃんがノアの所属でなくなることに関して、何とも言えない淋しさ、やるせなさを感じます。

それはやはり小橋さんと結びつきの強い2人だから・・・ということになるのかもしれない。

菊地さん・・・超世代軍直撃世代の自分には、かつての火の玉小僧の爆発っぷりは青春の1ページだったし、そんな同期の2人が共にアジアを目指して奮闘する姿に胸を熱くさせられた日々は宝物でした。

多聞ちゃん・・・常にサポートに徹する鉄人の名女房役として数々の名勝負を残し、自らの欲を捨ててバーニングを支え続けてくれました。あの腎臓癌発覚後初のナビで2本のタッグベルトを肩にかけての万感の入場シーンは忘れられません。そんな心優しきアマレスの神様。

最近はそのアマレスの神様としての幻想の一旦を垣間見せるスタイルに移行していただけに・・・思い入れを抜きにしても、あの地獄五輪だらけのテクニックが拝めなくなるのは惜しまれます・・・。

その技術力を生かして後進の指導にあたる役職にはつけなかったのだろうか?またあの理路整然とした分かり易い解説はもう聞けないのだろうか?


そして、そんな同期と盟友を自らの欠場中に失ってしまった小橋さん。

更に、昨年の丸藤P興行で橋くんと覚悟のシングルマッチを闘った秋山さん。

この2人もある意味で当事者の5人と同じくらいに心を痛めているのではないでしょうか。

舞台裏を色々と詮索してもしょうがないけど、百田さんを筆頭とする生え抜きの首切りを良しとしない現場サイドと背広組が対立していたという背景を考えると、この発表を皮切りに・・・どうしてもそんな不安が頭をよぎってしまう。

話を契約満了となった5人に戻すと、昨年頭の段階で既に「年間報酬保障」という契約形態に変わっていたことを考えると、団体側から約1年間猶予を与えてもらったという見方も出来る。

その準期間を生かしたのが橋と多聞ちゃんだろう。まずボディケアの資格を取ることで手に職をつけた橋は、その勤務先で多聞ちゃんのレスリング教室を開く為の手引きもしている。そしてかつて同じ釜の飯を食った大ちゃん率いるバチバチに参戦するルートを作ることにも成功したのだ。

そして残る3人の内、川畑さんや泉田さんは、他団体参戦という形で目立った動きがなかったということは、プロレスとは違う方面で何がしかのあたりをつけているんじゃないかと、何だかんだで顔の広いお2人さんだから、そういうルートを持ってそうだと勝手に思っています。

となると心配なのが菊地さんだ・・・。昨年の流れを追ってみると、謎の華激参戦やこれまた謎のハッスル参戦以降はコレといった動きはなく、新日さんからのご指名でのスーパーJr参戦や、小橋さんのバーターでの全日両国大会参戦といった大きな点を線にするまでには至らなかった。

例えば、仙台に居を構えているのだから、みちのくプロレスに参戦をお願いするなどのルートは築けなかったのだろうか?人生さんとは知らない仲ではないだろうし、みちプロの東北サーキットなら大体の会場は自宅の仙台から車で通えるという利点もある。リング上でも佐藤兄弟なんかはバラモンタモンの例もあるしで、菊地さんも上手くイジってくれる筈だ。あのカオスっぷりは宇宙戦争にだって負けないぞ!目指せ宇宙戦争参戦だ!!


最初にこの発表を知った時、このご時世と団体の現状を考えると致し方なしかと思ってしまう一方で、プロレスの実績や評価というのは単純に数字で表せれるものじゃない。例えば多聞ちゃんの技術力や経験は財産だと思うし、後世にキチンと残していかないといけないものだと思うんです。それはマイティさんにも言えることで、確かに最近のレフェリングには素人目で見ても危なっかしいモノがあったけど、それなら他の分野での役割ってなかったのだろうか?そんな憤懣やる方ない思いも抱きました。

ノアって団体は、昔から適材適所が上手く行われていないという印象があった。そりゃレスラーなんて個人商店だから自分で道を切り拓いていくものだけど、全日本なんかは上手くキャラ付けをして見事なまでの適材適所で人材を生かす術を知っているという印象があって、フロントが優秀なんだなぁと常々感じていた。

特にブードゥーマーダーズの再生工場っぷりなんかは、是非ともこの5選手もお願いしたいくらいだ!

橋くんなんかヘイトよりも使えるんじゃないかと思うんですが、武藤社長にTARUさん如何なもんでしょうか?

とにかく、今もまだ諦めずに闘っている小橋さんに負けるな!

いつかまたバーニングの名の下に集まれるように菊地さん!多聞ちゃん!橋くんも川畑さんに泉田さんもマイティさんも・・・みんな絶対にまた立ち上がってくれ!!
| NOAH | 00:15 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ノーモア上から目線
いや〜もうね。武道館の後って燃え尽き症候群って感じで完全に腑抜け状態になっちゃって、なかなか観戦記も進まなくてね。ジョニーさんの舞台のことも書きたいんだけどなぁ。

大体あれだけ凄いもん見せられたら、こっちとしてもやいのやいの言えませんっていうか、語り尽くせないというか、二の句が出てこないとはこのことだって話でね。

当日会場にいたような上から目線で野次っている阿呆共じゃないから、凄いモノは凄いってのが全てなんですよ。

またあいつらは、一番上の方の安い席で缶ビール一杯で簡単に出来上がりやがって騒ぎ出すっていうね。この手の輩は大抵そんな感じで、大した金も落とさず言いたいことだけは言うっていうね。全く…特リン座って野次ってみろっつんだよホントに!

ただこの手の輩でも会場に来て観戦してるだけマシっていうかね。一番ムカっ腹が起つのはロクに観戦もしてねぇのにYouTubeで見ただけで偉そうに上から目線でウダウダ言ってやがる連中なわけです。

そりゃ観戦出来ない事情なんて人それぞれだし、CS放送を見れない環境にある人だっていらっしゃる。だからYouTubeが悪いってんじゃないんです。

ただ、それならそれで黙って見てろって話なんです。

このご時世にね。決して安くないチケット代を払って観戦したり、CS放送見るのだって試聴料金を払って見てるわけです。

間違いなくそういう人達が団体を支えているんですよ。

それをね。YouTubeのアップ待ちで自宅にいながらにして気軽に興味のある試合だけを見て、偉そうにブログや日記で講釈垂れてんじゃねぇと!!

会場に足を運んで、お金を落として、そこで初めて言いたいことを言いなさいよ!!

ノアなんか今年は本当に大変だったし、この先だってまだまだ荒波の航海は続いていきます。そんな中でリング上で闘う選手達は本当に一生懸命にやっています!

それでも、今回の武道館だって超満員とはいかず…色んな問題があるんだとは思うし、一概には言えないけど…やっぱり一つには上に書いたような財布の紐&口のキツイ輩が多いから。

そしてもう一つには前にも書いたように選手達は一生懸命やってるんだから会社がもっとちゃんとしてくれってこと!!

今改めてそう思います。


ここで言う会社には営業さんは含まれないですよ。営業さんの頑張りには日頃から頭の下がる思いですから。


で、まず龍さんはさぁ相談役って割には、巡業や海外遠征にも同行してるわ、試合後のイベントとかも仕切ってるわで、全然裏に回る気配がないよね…。

三沢さんの遺志を継いでのセカンドビジネスの話はどうなってるの?

DDTなんかは今月歌舞伎町のど真ん中に酒場をオープンさせてこれで飲食業は3店舗目だよ。


かつて龍さんが言ってた海外進出の話だって、シリーズの中の一部として開催するって案も含めて全日本が実現させてるよね。

新日や全日は本当に会社が色々考えて世間に向けて発信してるなって実感出来るけど、ノアは龍さんは具体的に何をやっているんだろう!?


上の方に書いた上から目線のファンのことで火が着いてここまで書いちゃったんだけど、先日の1・4ドームの交渉における龍さんの発言ね…。


上から目線も甚だしいよね…。

これじゃファンにどうこう言えないっつうか、団体の顔役が一番上から目線だったよっていうね…。


大体なんで相談役が、こういう所でシャシャリ出てくるわけ!?


そういう意味でも、これから丸藤派(モリシ&杉)の選手達がもっと前面に出ていいんじゃないかと思う。


引き継ぐところはきちんと引き継いで、退くところはきっちりと引いてもらいたい。


そうした時に初めて新生ノアがスタートする。そう思わずにはいられません!!

頑張れプロレスリングNOAH!!

頑張れプロレス!!
| NOAH | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
奇跡のビックファイト!
観戦記が途中になっていて申し訳ないんですが、何だか結構またドタバタしちゃってまして。

そんな中、飛び込んで来た一平ちゃん引退の報。

これを聞いた時は、驚くってよりも、やっぱりかぁって納得しちゃったのが正直なところ。

結構それを匂わせるような出来事がちょいちょいあったからね。

まず携帯公式サイトのノア航海日誌が急に休載になったのは、欠場中だし特におかしいことでもなかったんだけど…

それに伴って合宿所組の回から、これまで散々ネタにされてきたのにパタリと名前が出てこなくなったことが何ともきな臭かった。


そして、あの武道館での追悼セレモニーでも欠場中の雅央や佐野の姿がある中で、そこに三沢さん最後の付け人である彼の姿がなかったことで、これは欠場理由の顎の負傷以外に何かあるなって思わざるを得なかったのだ。

一身上の都合ってのが、何なのかは分からないけど、唐突過ぎる発表の仕方や携帯公式サイト航海日誌のバックナンバーや選手名鑑から一平ちゃんの名前が綺麗に消えてしまっていることから…何だかモヤモヤしたモノを感じずにはいられないと言うか…。

だって、時を同じくして引退を決意したゼロワンの浪口がああやって、ちゃんと会見を開いているのに対して、いくら引退試合がないからって…う〜んっていうね。


正直言って、三沢さん最後の付き人というキーワード以外に一平ちゃんに対して特別な感情や思い入れってのはないんだけど、あれだけのキャラで周りからあれだけイジラレても頑張ってるってのは精神的にタフなんだろうから、大器晩成タイプかなって勝手に思ってたから…そういう意味ではやっぱり残念です。


しかし今のノアって、一平ちゃん達を最後に約4年間新人がデビューしてないってのも…ねぇ。

昨日のSアリを見る限りじゃ、いつの間にかゼロワンにも良い練習生が入ってるみたいだし、全日だって浜ちゃんが今や三冠挑戦を表明する勢いですよ!

DDTなんか本当にこまめにデビューさせてるし、大日本なんかの石川、岡林、河上なんて素晴らしいですしね!

う〜ん…何だか色々と考えさせられますよねぇ…。


そう言えば、中野ブロードウェイで見掛けたこともあったっけ。そういう趣味的にも三沢さんや鼓太郎に可愛がってもらったんだろうし、ダメな奴ほど可愛いみたいな部分もあったと思うしね。

とにかく一平ちゃん!第2の人生で華を咲かせれるように頑張って下さい!!
| NOAH | 00:48 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
今一番熱い男の熱過ぎる夏!!
090816_0530~01_0001.jpg

新日のG1-CLIMAX

開幕戦の8・7広島大会はESPNで、8日〜11日まではサムライTVで視聴しました。(13日の愛知大会は今日のワープロで放送)

今は、ESPNでの両国大会生中継を見ています。


勿論注目しているのは、ノアから参戦している杉浦貴の試合。

今日の結果次第では、準決勝進出の可能性が残っていますが、その試合内容は正直言って「こんなもんじゃねぇだろ?!」と言いたくなるもので、最大の持ち味である瞬間の爆発力が影を潜めてしまっている印象が否めませんでした。

「足の負傷がどうこうってより、この時期に入院して暑い中でトレーニングを出来なかったのが響いてるんじゃないか」

これは8・9大阪大会で対戦した永田さんのコメントですが、自分の目にも足の負傷云々ってよりも、大会当日まで入院して点滴をしていたコンディションの方に難があるように映りました。

なので、試合をしながら体を馴らしてテンションとコンディションを上げていってくれればと思ったんですが…

なにせ公式戦が、開幕から横浜まで5連チャンっていう過酷な日程!!

そして、負傷箇所が足だけでなく脇腹か腰?までも…。


正直、これは厳しいかなぁと思い出した矢先の13日の愛知大会で本人待望のマシン戦がタッグマッチで実現!

これが、いい意味でのカンフル剤となり身心共にリフレッシュされたんじゃないでしょうか。

それは格闘技DXの結果速報での青木との楽しげな平田問答から文字で見ているだけでも充分伝わってきました(笑)

そういえば、6年前に参戦したBOSJでも「キムケン、キムケン」と楽しそうに連呼していたっけ…。

あの時もそうだけど、昭和のレスラーに対して一見、敬意を持っているかのようなコメントを出しながらも、結局のところ全体的にコケにしている感じが何ともらしくていいんだよなぁ!

まず、ただ参戦するだけじゃなく、そういうとっかかりを自ら作っていくセンスってのが素晴らしいし、

こんな風に昭和レスラーをいじる芸当は、並のレスラーじゃまず発想すら出来ないし、思いついたとしてもなかなか業界の大先輩を相手に生半可な肝っ玉でやれるもんじゃない!

この昭和レスラーいじりは、杉浦貴というレスラーが持つユーモラスさと強心臓っぷりがあってこそ成せる術なのだ!

新日ファンからすればただのオチャラケに見えたかもしれないけど、あのマシンいじりは、ある意味で今回のG1で初めて本領を発揮した瞬間なんじゃないかと自分は感じました。


そういう意味でも、これで完全に吹っ切れて、オフもはさんだし、今日の準決勝進出をかけた後藤戦は期待出来る!

あのマシン戦をここまで、結び付けるってのも我ながらどうかしてる感じもしますが・・・

とにかく、そんな思いで杉を応援していました。


そして、結果から行くと杉は雪崩式五輪予選スラムで激勝!!

後藤の準決進出とリベンジをダブルで阻んで最終戦に駒を進めました!


足や脇腹っていう負傷箇所はあったけど、杉自身はこの一戦にかけていただろうし、そうなると気持ちの問題だから、ハングリーさとメンタルのタフネスさ、そして数々の修羅場を潜り抜けてきた凄玉っぷり!

これがものをいったんじゃないでしょうか。


杉浦貴…その生き様!闘う魂!


ノアファンとして誇りに思います!!


中年の星ならぬ、ノアファンの星の熱くて長い夏はまだ終わらない!!!
| NOAH | 21:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
妄想革命!
090801_0734~01_0001.jpg
SUWAさんが自身のブログ上で1日に発表することが、9・27参戦表明だったらなぁ…と勝手に妄想しているチャボビッチです!


ていうか真面目な話ワンマッチでいいから、玄藩と絡むもよし、永源さんをセコンドにつけるもよし(笑)

そして、橋との最終決着戦で引導を渡すもよし?!


クソ〜ッ妄想が止まんねぇや!


これホント個人的には川田以上に上がって欲しかったりしますわ。。。
| NOAH | 07:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/4PAGES | >>